百人一首~第3番:柿本人麻呂(あしびきの)

あしびきの
山鳥の尾の
しだり尾の
ながながし夜を
独りかも寝む

意訳

山鳥の長く垂れ下がった尾っぽのように長い長い夜を、一人で寝るのだろうか

雑記

ずばり、独り寝を寂しく思う歌、といった感じでしょうか。

ヤマドリは雄と雌が峰を隔てて寝るという伝承から「独り寝」のたとえとして用いられるということを、今回初めて知りました。
(教えられてはいるものの知識として残っていない可能性は多分にありますが)

ヤマドリの雄雌が峰を隔てて寝るというたとえも認識した上でもう一度歌を見直してみると、最後の句以外はものすごく遠くて長いという表現に終始しているよう。
とにもかくにも独り寝を残念がっているような構成に、さらに親しみを感じられる気がします。

練習帳ダウンロード

  • 第3番:柿本人麻呂(あしびきの) 
利用規約略記
 ・著作権は放棄しておりません
 ・練習帳(PDF)は商用利用を除き、自由に利用可能
 ・サイト内の著作物すべてに対し、無断転用・複製・模倣不可