百人一首~第4番:山部赤人(田子の浦に)

田子の浦に
うちいでてみれば
白妙の
富士の高嶺に
雪は降りつつ

意訳

田子の浦に出て来てみると、富士の頂(高嶺)には白い雪が降り積もっている

雑記

山部赤人が奈良からの東国への旅の途中、田子の浦で見た雪が降り積もった富士山の光景を詠んだ歌です。

こちらも新古今集と万葉集とでは若干の改変がなされているのですが、個人的に記憶に残っているのはどうやら万葉集の方のようです。

田子の浦ゆ
うち出でてみれば
真白にそ
富士の高嶺に
雪は降りける

最初の句と二つ目の句の字余り感がやけに印象に残っているので、学生時代にはこちらの歌を教えられたのでしょう。

「田子の浦から出てみると、富士の頂(高嶺)には真っ白な雪が積もっていた」

どちらかと言えば万葉集に載っている後者の歌の方が、シンプルでストレートな感動を伝えてきているような気がします。

練習帳ダウンロード

  • 第4番:山部赤人(田子の浦に) 
利用規約略記
 ・著作権は放棄しておりません
 ・練習帳(PDF)は商用利用を除き、自由に利用可能
 ・サイト内の著作物すべてに対し、無断転用・複製・模倣不可