名言・格言~山本五十六(どんなことでも)

どんなことでも部下の失敗の責任は長官にある。
下手なところがあったらもう一度使う。
そうすれば必ず立派にし遂げるだろう。

雑記

日本の海軍軍人である山本五十六の言葉です。
近代の先人の言葉なので意訳の必要はあまりなさそうですが。
どんなことでも部下の失敗の責任は上司(責任者)にあるのだから、失敗してももう一度使う。
そうすれば必ず、次は成し遂げるだろうと言った言葉通りの感じでしょうか。

これぞ上司、これぞ責任者といった感じの言葉です。
組織の中でいざというときに責任を一手に引き受けるために、相応の社会的地位と対価を得ているはずなのに、都合が悪くなると末端に押しつけて、トカゲの尻尾切りのごとく自分はとんずら…というニュースは珍しくもなく。
そう言うニュースを耳にするにつけ、非常に嘆かわしい気持ちになります。

練習帳ダウンロード

  • 山本五十六:どんなことでも 
利用規約略記
 ・著作権は放棄しておりません
 ・練習帳(PDF)は商用利用を除き、自由に利用可能
 ・サイト内の著作物すべてに対し、無断転用・複製・模倣不可