名言・格言~織田信長(人間五十年)

人間五十年
下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。

一度生を得て滅せぬ者のあるべきか

雑記

戦国時代の武将、織田信長が好んで演じたことで有名な謡曲「敦盛」の中の一節です。
こちらは「下天」という形で歌われているため、50年という人の世の歳月は、下天(一昼夜が人間界の50年に相当する六欲天の中の初天)のわずか1日にしかあたらないという解釈になり、謡曲「敦盛」の方の「化天(六欲天の最上位の一つ下)」とは、歳月の感覚がまるで違ってきます。

ちなみに、この一節の扱いは古典(故事)の方で扱うべきかとも考えたのですが、「化天」を「下天」という形での記述は信長公記のものなようなので、織田信長の名言として扱っています。

練習帳ダウンロード

  • 織田信長:人間五十年 
利用規約略記
 ・著作権は放棄しておりません
 ・練習帳(PDF)は商用利用を除き、自由に利用可能
 ・サイト内の著作物すべてに対し、無断転用・複製・模倣不可